埼玉県和光市・越谷市のホームページ制作SOHO

人を惹きつける文章

blog entory

人を惹きつける文章

私はネットライティング検定1級を有しており、大手のメルマガやLPのライティングを数多く担ってきました。
そんな私がLPの文章を書くときに気を付けていることを、自分自身の思考の整理も兼ねて書き出してみたいと思います。

「読ませる」のではなく「見せる」こと

ECサイトではユーザーは2秒以上待ってくれないと言われています。
そんな中で、要点の見えない長い文章は読んでもらえません。
というか、まず「読む」という行為は意外と労力を要し、億劫なものです。
それに比べ、「見る」ことの労力は低く、暇さえあればYoutubeやインスタを眺める人も少なくないでしょう。
よって、私は文章を「見せる」化することを意識しています。

具体的な例を挙げてみましょう。下記の文言を見比べてみてください。

例01
・当店の蟹は身入りがよい蟹を厳選して仕入れています。
・カニ身がギュッ!剥いた瞬間飛び出ちゃう♪

例02
・生きたままの蟹(活蟹)を茹で上げているので鮮度は抜群です。
・プリップリ!「活」だから鮮度バツグン!

どちらの例も下の文言の方が目に入りやすくないですか?
まるで蟹を剥いた瞬間の絵が頭に浮かんできませんか?

「は」や「の」を極力省いてテンポよく言い切ることも意識します。
要所でオノマトペを用い、ひらがなカタカナ漢字のバランスを整えることも大切です。

大事なことから述べる

前述のように2秒しか読んでもらえない上、人は「Z」の筆跡を辿るように目線が推移するという統計上、文章の左(書き始め)ほど読んでもらいやすいということになります。
よって、最も言いたいことから優先順位をつけて並べていくことを意識します。
具体例を挙げてみます。

・当店ではタイムセールを実施いたします。期間は8月26日の午後1時から6時までです。目玉商品はタラバガニで、通常価格の20%OFFにてご奉仕いたします。

この文章の中で大事なことを抽出すると、下記3つになります。
1.タイムセールを実施する
2.期間は8月26日の午後1時から6時まで
3.タラバガニが20%OFFである

これに優先順位をつけると下記のように並べ変わります。
2.期間は8月26日の午後1時から6時まで
3.タラバガニが20%OFFである
1.タイムセールを実施する

さらにこれを「見せる化」するとこうなります。

【6時間限定】特選タラバがまさかの激安!?超限定タイムセール!!

数字は訴求力が高いので目立つように【】や「」で囲みます。
具体的な日付は後述すると良いでしょう。大切なのは6時間という限定感です。
詳細な説明文は必要な人が読んでくれれば良いのです。

普段このお店がどういう割引をしているかにもよりますが、20%OFFという割引率はそこまでの数字ではないでしょう。
したがって、ここでは「まさかの」「激安」「!?」という表現に変えてみました。
数字の訴求力とどっちが上なのか、ABテストをしてみても良いでしょう。

3日間や24時間といったタイムセールが多い中、6時間という短期間は限定感を煽ります。
ここではそれを「超限定」という表現で強調しました。
後は各要素を短くテンポよいワードでまとめ、繋げるだけです。

以上、私がライティングで心掛けている2つの事柄でした。